FANDOM


詳細は「MCW:名探偵コナン」を参照

名探偵コナン』(めいたんていコナン) は、青山剛昌による推理漫画作品、およびそれを原作とする一連のメディアミックス作品。掲載誌は週刊少年サンデー

概要 編集

大人顔負けの推理力で様々な難事件を解決する高校生探偵工藤新一が、犯罪組織に謎の薬「APTX4869」を飲まされて体が小さくなり、江戸川コナンとして組織の実態を暴く推理漫画作品。1994年1月から連載が始まり、『週刊少年サンデー』の連続掲載の漫画作品としては2016年4月現在最長である[注 1]

主な登場人物 編集

画像名前声優概説
工藤新一 60px工藤新一山口勝平[注 2]
高山みなみ[注 3]
高校生探偵。黒の組織のメンバージンに薬「APTX4869」を飲まされ、体が幼児化し、江戸川コナンとして暮らしている。
ファイル:江戸川コナン 60px.jpg江戸川コナン高山みなみ新一が幼児化した姿。黒の組織の情報を得るために、毛利探偵事務所に居候中。
ファイル:毛利蘭 60px.jpg毛利蘭山崎和佳奈新一の幼馴染みで同級生。帝丹高校空手部の主将で、関東大会1位の実力。
ファイル:毛利小五郎 60px.jpg毛利小五郎神谷明[注 4]
小山力也[注 5]
蘭の父親。私立探偵で元刑事。妻の英理とは訳あって別居中。

『まじっく快斗』との関係 編集

本作品には、怪盗キッドを始めとした、同作者の連載作品『まじっく快斗』の登場人物がしばしば登場する。また、本作起源の人物が『まじっく快斗』に登場することもある。特に、キッドや黒羽快斗は『コナン』でも人気のキャラクターであり、漫画20週年記念として読者で行った「結婚したいと思うキャラクターランキング」では、キッドが5位を、快斗が10位を博した[1]

注釈 編集

  1. 不定期連載作品を合わせると、同作者の『まじっく快斗』が最長。
  2. 中学生以降。
  3. 中学生未満。
  4. 『名探偵コナン』1-548話、劇場版1-13作。
  5. 『名探偵コナン』553話-、劇場版14作-、『まじっく快斗1412』。

出典 編集

  1. 青山剛昌『名探偵コナン 80+ Plus SDB』小学館、2015年4月22日、158-159頁。ISBN 978-4-09-126060-4

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。